んとも、しょうもない・・・

って事ですが、「お金はボクのバイアグラ」なんですよ。

お金を稼ぐために何かをするという事はなんだか否定をされて・・・とか、お金をとらないけれども人のために何かやっているなんていうと賛美をされるなんて、なんか変な時代だと思いませんか。

だって、みんなお金がないと暮らしていけないでしょう?

 

お金があれば、もっとたくさんいろいろなことが出来ると思いませんか?

実際に活動費としてのお金はないと最低限のことも出来ないですからね。

恋愛もお金があった方がそりゃロマンチックに出来るわけですよ。

恋愛上手は、お金儲けも上手!そして、一生懸命稼いだお金が多ければ多いほど、びんびんにいけるわけですよ。そりゃ、女好きのボクとしては、カッコよくも振舞えるし、元気にはつらつと何か活動が出来るわけですよ。

 

まさに、「お金はボクのバイアグラ」って事で、エッセイ的に散文を書いていきたいと思いました。肩の力をいれず下世話に、面白く、ゆるく、「お金はボクのバイアグラ」って事で書いていきます。

「お金はボクのバイアグラ」ってどこから生まれたの?何なのこの言葉?

面目なことを書いたり、思いっきり経済的な知的な理屈を言ったり、ビジネスについて語ったり、商売についてアイディアを交わしたり、そんなクールな事は好きなんです。

でも、ボクもそれを作っているという事がもちろんあります。社会的な人間ですからね。

で、お金を稼ぐことが出来るようになって普通よりも少しばかりは派手に繁華街で遊べるようになってベロベロになっているときにだんだん、自分が作ってきた外面が崩れてくると

「うひゃひゃ・・・お金はボクのバイアグラだから」

と、言う癖がいつの間にかついていました。

 

で・・・そんな調子が良かったボクですが・・・

ちょっと自分でやっている仕事がね・・・立ち上げた会社がねぇ~

2017年12月に発表をされた健康系のグーグルアップデートによって、今まで絶好調であったコンテンツが壊滅的になって2018年はもうすぐ終わりそうですがかなりやられたわけですよ。

 

で、もがき苦しむわけです。ってか今も、もがき苦しんでいるわけですが。。。そう。健康・医療系コンテンツはもう壊滅的。ってか真面目に書き続けてきたもの作ってきたコンテンツが壊滅って・・・

集客をすべてWEBによって行ってお客を増やしてきたわけで・・・ああ。こりゃこりゃって事で・・・

これってグーグルという検索エンジンに一極集中をしていたという事が証明されてしまったわけで・・・興味がある人を集めるというマーケティング活動が根本的に出来ていなかったという事を示しているわけで・・・

「お金はボクのバイアグラ」は流行語大賞だと知人が言った

んな落ち込んでいる中、それでも元気を出そうともがくわけです。

そして、ある日・・・久しぶりに知人が二人でボクの自宅に遊びにきたのです。

まあ、ひとしきり楽しい話をしたわけです。ニューハーフと恋愛をしたとか、ちょっと一夜を過ごしてみたこととか・・・繁華街で体験をする非日常がボクの中にはたくさん引き出しがあるわけです。

それは、後日話すことにしまして。

落ち込んでいるけれども、笑いに変えることは非常に重要って事で

「お金の心配ごとがあるとチ○コもたちませんわ」と言い、さらに続けて「本当にボクにとってお金ってバイアグラだから」と言った際に、知人二人(女性1、男性1)が・・・

「それ、前も言ってたけど、今年の流行語大賞なんだけど」と大爆笑

いやぁ~思った通りに面白く感じられることで良かったと思いながら、日常に戻るわけです。この時には、エッセイ的にして、これをサイトの記事にしようと思ってはいませんでしたよ。

みうらじゅんさんの単行本「ない仕事の作り方」を読んでいて・・・思いついた

で、ふと購入をしたままで読んでいなかった「みうらじゅん」さんの、「ない仕事の作り方」を読んでいました。

何か仕事とお金を稼ぐということへの突破口と、自分なりに元気を取り戻さなくてはならないという事で、ヒントを探しているわけです。

マーケティング系の硬い書籍、リードジェネレーション広告、ダイレクトマーケティングなどの書籍をいつもは読んで新しいことを設計をしようとしていたのですが、なんだか、精神がそれについていかないという事がありました。

もっと、自分が面白く、熱中をすることが出来るような仕事をしなくてはならないという事で「みうらじゅん」さんの書籍を読んでヒントを得ようとしたわけです。

ちなみに、みうらじゅんさんの書籍はゆるく楽しく書かれているのですが、基本的にはマーケティングそのものです。これを理屈っぽく書くとダイレクトマーケティング、ニッチ市場参入という事になります。

硬い話はどうでも良いのです。

硬くならないといけないのは・・・

 

「みうらじゅん」さんが新しい言葉を生み出したという事、異様なまでの情熱というか、自分を洗脳をして、それを好きだと言い切るという事・・・そこに楽しさを見つけて、そしてプレゼンをして仕事をしている事、真面目に感銘を受けました。

で・・・言葉を生み出す?って。。。

 

おや?

 

おやおや

 

あっ!

 

ボクにもあったじゃないか!「みうらじゅんさん」のような、オモシロ言葉が。

それが

 

「お金はボクのバイアグラ」です。

この言葉を使って、仕事、お金、欲望、女、酒など、もっと気軽に捉えて進めるし、勇気も得られるの人も多いのではないかと思ったわけです。

堅く表現をしようと、軽く表現をしようと、実際に流行ったりするものなどには根底に同じものが流れているのです。そしてボク自身が弱るという事を知ったからこそ、ゆるく、もっと多くの人が何かにゆるく心が軽くなる感じで取り組めるようなコンテンツをかけるのではないか思ったわけです。

そして、本日から「お金はボクのバイアグラ」をこちらのコンテンツに追加をしようと思ったわけです。

もちろん、オンラインカジノの事がメインのサイトなのですが、オンラインカジノもエンタメ!面白く伝えられるように、もう、オモシロく肩の力を入れずに見られるコンテンツとして、「お金はボクのバイアグラ」を書いていきますので、ぜひ元気のない方、もっと軽い気持ちで仕事をしたい方、自分を追及をしていきたい方に見ていただければと思います。

人生には、ゆるりとやっていけるような、疲れたときにふと楽になるけれども、実際には中身が案外とあるというようなコンテンツが本当に必要なのだと思います。

そして、おもしろおかしく、でも根は真面目に「お金はボクのバイアグラ」を開始をしていきますので、ぜひ、楽しんでお読み頂ければと思います。

 

「お金はボクのバイアグラ」の次の記事は下記です。

おすすめ記事