ンラインカジノの歴史について、少しばかり紐解いていきたいと思います。

オンラインカジノの歴史は、そこまで長いわけではありません。しかしながら、インターネットが急速に発達をしたので、そんなに古くないと言いながら、すっごく古くからオンラインカジノがあるという感覚になってしまいますね。

では、オンラインカジノの歴史を紐解いていきます。

1994年にオンラインカジノ運営ライセンス発行を法律により可決した「アンティグア・バーブーダ」より始まった

アンティグア バーブーダ

ンラインカジノは1994年にはじめて、「アンティグ・アバーブーダ」がオンラインカジノの運営ライセンスを発行をする法律を可決をした事によってはじまります。

つまり、世界発のオンラインカジノ運営ライセンスを発行が、「アンティグア」から始まったという事になります。

ちなみに、「アンディグア・バーブーダ」はイギリス連邦加盟国です。

アンティグア・バーブーダの政府公式サイトは下記です。

オンラインカジノの始まりは、この辺りからであると言われています。現在では株式上場企業をなりオンラインカジノ業界を牽引をしていくマイクロゲーミング、プレイテックなどが設立をせていく事になります。

同年1994年に「マイクロゲーミング」が設立されました

マイクロゲーミング ライブカジノ

マイクロゲーミングの設立は「アンティグア・バーブーダ」がオンラインカジノの運営ライセンスの発行を法律で可決をする同年1994年に設立をされました。

マイクロゲーミングはイギリス領であるマン島に拠点をおいています。マン島もオンラインカジノの運営ライセンス発行国となっており、オンラインカジノ業界ではメジャーな存在のある信頼性の高の高いオンラインカジノ運営ライセンスを発行をしています。

ちなみに、マイクロゲーミングは株式上場をしており、ゲーミング業界を牽引をし続けているオンラインカジノ業界でも最大手のゲーミングプロバイダーであり、多くのスロット、また優れたライブカジノプラットフォームを開発をしており、多くのオンラインカジノ運営企業によりカジノサイトで採用をされています。

マイクロゲーミングの公式サイトは下記をご参照ください。

時代を築き上げたマイクロゲーミング

イクロゲーミングは、オンラインカジノの一時代を築きあげてきました。マイクロゲーミングのオンラインカジノのソフトだけを使ってオンラインカジノサイトを運営をするサイトが「マイクロゲーミング系カジノ」と言われ、様々なマイクロゲーミング系カジノがオープンをしていく事になります。

現在でも、マイクロゲーミングだけのソフトウェアを使ってオンラインカジノを運営をしているサイトも人気を落とさずに運営をされていたりします。

時代が前後をしてしまいますが1998年にマイクロゲーミング社の直営オンラインカジノの「ジャックポットシティー」がオープンをしました。

ちなみに、世界初のオンラインカジノサイトは1996年にオープンをした「インターカジノ」となっています。

インターカジノ」は「ジャックポットシティー」の後に紹介をします。

ジャックポットシティー | マイクロゲーミング直営オンラインカジノ

ジャックポットシティー

Jackpot City Casino(ジャックポットシティー)

初回入金ボーナス 入金額の100%最高400ドル
クレジットカード入金 VISA、Master
入金・出金方法 ecopayz
取得ライセンス mga(マルタ)、KANAWAKE(カナダ)

マイクロゲーミング直営のオンラインカジノという事で言えば「ジャックポットシティー」はいち早くスマホ対応を取り入れて単一系ソフトウェアのオンラインカジノのサイトの中で最も早くスマホ対応を実現をしました。

今でも信頼性が高く安全性も高い優良オンラインカジノとしてジャックポットシティーは人気の高いオンラインカジノとなっています。ただ、マイクロゲーミングだけで運営をされているオンラインカジノなので、多くのソフトウェアを使った複合型のオンラインカジノが現在的な主流となっており、今までよりは勢いはありません。

1995年 世界最古のゲーミングプロバイダーであるクリプトロジック社が設立されました

リプトロジック社は、当時最先端の3Dグラフィックを駆使し臨場感のあるカジノゲームソフトウェアをいち早く開発をしました。

当時として、他の追随を許さない高品質なリアルカジノの雰囲気をオンライン上で味わう事が出来る臨場感の高いオンラインカジノソフトウェアを開発をしました。

ただ、その後経営の悪化によって「Amaya Gaming」に買収をされ、2019年04月18日現在でクリプトロジック社は存在せず現Amaya Gamingとなっています。

この、クリプトロジック社と提携をして世界最古でつまりは世界初のオンラインカジノサイトである「インターカジノ」が誕生をする事になります。

1996年に世界発のオンラインカジノサイトである「インターカジノ」がオープン

インターカジノ

Inter Casino(インターカジノ)

初回入金ボーナス 入金額の100%最高500ドル
クレジットカード入金 VISA
入金・出金方法 ecopayz、iwallet、VenusPoint
取得ライセンス mga(マルタ)

1996年7月に世界初のオンラインカジノサイトである「インターカジノ」がオープンをして、オンラインカジノ業界の幕開けとなります。

運営はカナダの証券取引所に上場をした「Intertain Group(インターテイングループ)」が行っていました。こちらも、2019年04月18日現在では、「ベラジョン」を運営をする「JPJ Group」の一員となっており、実はベラジョンカジノの姉妹カジノとなっています。

入れ替わりが非常に激しく、買収したり、買収をされたりで、そもそものカジノブランドも消えていく事が多いのですが、オープンから今も尚「インターカジノ」というカジノブランドは残り続けており、いかに信頼性が高くプレイヤーに愛されているオンラインカジノなのかという事が分ると思います。

オンラインカジノを普及をさせるための取組み

ンラインカジノが1996年にインターカジノがオープンをするとカジノファンは大いに興奮をした事でしょう。

しかしながらネット回線が不安定であり、カジノゲームのプログラムも精度が良くなく、止まる事は日常茶飯事であったという事があったようです。

その点はエンジニアが研究開発を繰り返すという事でどうにかしていくわけですが、最もオンラインカジノを運営をする企業が悩ませたのが、インターネットさえも胡散臭い1996年にさらに世間からの風当たりがどうしても強い「ギャンブルサイト」がインターネット上にあり、本当に信頼をする事が出来るのか?というプレイヤーの不信感を払拭をする事だったようです。

オンラインカジノを普通に利用をして楽しんで貰う事が出来るような信頼を獲得しない限りオンラインカジノは普及をしてく事はないだろうと当時のオンラインカジノ関係者は、信頼をしてプレイヤーに遊んでもらうために仕組みを考えていく事になりました。

その甲斐あって、2000年になる頃には急速にオンラインカジノが西欧系で広まり、さらに、オンラインカジノの運営ライセンスを発行国の増加、RNGを審査機関、などさらにオンラインカジノ業界(iGaming業界)として成立をするように各関係者が相互に協力をし合い現在の一大産業にまで成長をしてきたのです。

当サイトで、現在の「オンラインカジノ業界」を解説をしていますので下記も参照をして頂くと幸いです。

1999年~2004年 オンラインカジノ業界で日本市場獲得を狙い参入したが・・・大失敗に終わる・・・

体的な動きになりますが、オンラインカジノ業界でも日本の特大なギャンブル市場を狙って参入をしてきた第一次時代がこの時期になります。

一部のカジノ愛好家の中で「海外サイトでカジノをインターネット上で遊ぶ事が出来る」という事で、本当にごく一部のマニアックな人々がオンラインカジノをひっそり楽しむという時代が来ました。

ただ、まだまだ、この時代のオンラインカジノ業界は、あまり今ほどにオンラインカジノの業界団体などもしっかりしていなかったという事もあり玉石混在のカオス状態であったそうです。

それでも、優良オンラインカジノを見つけた一部のカジノ愛好家どうしが情報を交換し合いオンラインカジノを楽しんでいた時代となっていきました。

しかし、その当時はオンラインカジノ運営企業側も計画が甘く「日本だって先進国なのだから英語くらい出来るしょ」って事で英語サイト、英語サポート、だけを引っさげて日本市場に参入を計画をしたようで見事に大外れだったのです。

また、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、などのカジノゲームはパチンコ・パチスロの派手な演出に慣れている日本人プレイヤーにとって簡素過ぎるという事もあって正直なところディープでコアなカジノ愛好家にしか受けなかったのです。

また、時代背景的に言えば2004~2008年当時はパチンコ・パチスロ業界が凄まじい盛り上がりを見せている時です。

スロットの「北斗の拳」が猛威を振るい史上空前のスロットブームに沸き熱い時期とも重なっていますので、オンラインカジノは正直なところ見向きもされませでした。さらにカジノゲームは日本人の感性にはまだ合わず、日本人の英語の能力の低さを甘く見ていたオンラインカジノ企業側は英語で日本市場向けのマーケティングだけを持って参入をしようとしていた事もあり次々と挫折をしていく事になり、結果的に日本市場獲得はオンラインカジノ業界的に言えば大失敗に終わったのです。

2005年から日本語対応オンラインカジノ、日本語サポートで一気に人気拡大をした「ジパングカジノ」

ジパングカジノ

ZIPANG CASINO(ジパングカジノ)

初回入金ボーナス 入金額の100%最高300ドル
クレジットカード入金 VISA、Master
入金・出金方法 ecopayz、iwallet
取得ライセンス マン島

パングカジノは2005年にオープンをした、この当時、日本人プレイヤーを獲得をするために、「日本語対応」「日本語サポート(日本人サポートが対応)」という事で爆発的に日本人プレイヤーを獲得をしたプレイテック系カジノです。

当時、日本人にプレイヤーにとって最も遊びやすいオンラインカジノという事で、完全な日本語対応、サポートもフィリピンで働く日本人スタッフが行う事によって一気に人気を拡大をしたのです。

「英語サイト」「英語サポート」しか用意をしてこなかったオンラインカジノ運営企業が日本市場でほぼ結果を残せずに撤退をしてく中でジパングカジノは完全に一人勝ちを体験しており、ほぼ市場を独占したかのような盛況ぶりでした。

2019年04月18日現在であっても、「ジパングカジノ」というブランドネームが大きく日本語特化型サイトとして知名度が高く今でも人気が高いオンラインカジノです。

ただ、プレイテック社のオンラインカジノのソフトだけを使ったオンラインカジノという事もあり、やはり複合型オンラインカジノが一般的になった今日では、やはり勢いは落ちてきていると言わざるえませんが、まだまだ人気であるという事は間違いありません。

2006~20010年 一部の日本ユーザーを獲得が上手くいったオンラインカジノ業者がまったり運営(?)

ンラインカジノの運営企業が日本市場の獲得に失敗をしたとしっても、全ての企業だ失敗をしたわけではありません。

一部のオンラインカジノ運営企業は問題なく日本人のプレイヤーを獲得をしており、日本市場獲得ラッシュも終息をしていたので、ここからは一部のカジノ愛好家と、当時、日本語対応オンラインカジノをして打ち出した「ジパングカジノ」などの日本語対応のオンラインカジノはまったりした時期を過ごした事でしょう。

しかし、この時期に大手オンラインカジノ運営企業が最低限度サイト自体は日本語化をする事によってなんとか日本人プレイヤーを獲得をしようと躍起になっていもいたと記憶をしています。

ただ、サポートの日本語がメチャクチャで直訳したようなサポートで大手オンラインカジノ運営企業でさえも、あまりたいしたサポート体制がなく日本人プレイヤーに選ばれるオンラインカジノが「ジパングカジノ」という感じでした。

2010年になって、西欧系オンラインカジノ大手が本気で日本語化、サポート日本語対応を開始

感的な事になってしまいますが、2010年くらいから、一時は日本市場を完全に諦めたかのように見えた、大手オンラインカジノ運営企業が本気でサイトを日本語化をして、そしてサポートにも日本語にしっかり対応をする事が出来るようにしてきました。

明らかにオンラインカジノを日本市場に拡大をしようと各オンラインカジノ運営企業が本気になってきたと感じられるような雰囲気が漂ってきました。

そして、この辺りから本格的にスマホが普及をしはじめてスマホを持っている人が多くなってきた時期でもあります。そして2011年にスマホ対応オンラインカジノ、クレジットカード入金可能というオンラインカジノの出現によって日本のオンラインカジノ市場が急激に変化をしてきます。

2011年 スマホ対応オンラインカジノとして「ベラジョン」がリリース

ベラジョンカジノ

Vera&John(ベラジョン)

初回入金ボーナス 入金額の100%最高500ドル
クレジットカード入金 VISA
入金・出金方法 ビットコイン、ecopayz、iwallet、VenusPoint
取得ライセンス mga(マルタ)

マホ対応オンラインカジノで、まだ当時はクレジットカード入金も殆ど行う事が出来なかったような状況のオンラインカジノばかりで、イーウォレットサービスを通さないと殆どオンラインカジノには入金をする事が出来ませんでした。

しかし、「ベラジョン」がその隙をついて、「クレジットカードVISA入金可能」「スマホ対応オンラインカジノ」を最も早くアピールをしはじめました。

ただ、オンラインカジノをスマホで遊ぶという事が、この時点でまだまだ雲をつかむような話で、一般的には「スマホってそこまで要らないのでは?」と思われていたという時代でもあったので2011年にいきなりベラジョンが勢いがあったわけではありません。

また、オンラインカジノ自体が2011年時点では、マイナー中のマイナーで、ブログやサイトを作ってもアクセスは少ないしという状態でした。

 

ベラジョンの紹介・詳細・登録方法は当サイトコンテンツの下記をご参照ください。

2012~15年はスマホ対応オンラインカジノのベラジョンの独走状態

2012年~15年の間は、スマホ普及によって、殆どベラジョンの独走状態となり日本で最も新規獲得の多いオンラインカジノとなっていきました。

また、ベラジョンはその当時では複数の様々なゲーミングプロバイダーを取扱ってオンラインカジノを運営をしている複合型オンラインカジノとなっており、その利便性を知ったプレイヤーが、単一系の「マイクロゲーミング系カジノ」「プレイテック系カジノ」から、どんどんとベラジョンカジノに移行をしてくるプレイヤーが増加をしました。

そして、この段階で古参のオンラインカジノの影が薄くなりはじめた時期でもありました。

2015年にライブカジノ特化型オンラインカジノのエンパイア777がリリース

エンパイア777

EMPIRE777(エンパイア777)公式サイト→こちら

初回入金ボーナス 入金額の100%最高77ドル
クレジットカード入金 VISA、Master
入金・出金方法 ecopayz、iwallet、VenusPoint
取得ライセンス PAGCOR(フィリピン)、GamingCuracao(オランダ)

2015年には本物のカジノディーラーとライブ中継でカジノゲームのバカラ、ブラックジャック、ルーレットなどリアルカジノで遊ぶ感覚で遊べるエンパイア777がリリースをされました。

エンパイア777は特に今までのオンラインカジノと比較をして、圧倒的に多くのライブカジノルームを設置をしており、その当時「ライブバカラのテーブルだけで50テーブル以上」という事でプロモーションをする事によって、多くのライブバカラのファンを囲い込み人気を拡大をしました。

このときくらいから、「カジノ法案」も進みはじめて関連ニュースも多くなり、また、オンラインカジノがある程度の認知をされはじめる事になっていきました。

 

当サイト エンパイア777の紹介・詳細・登録方法は下記を参照をして下さい。

2016年~は様々な新規オンラインカジノがリリースをされていきます

2016年からは、様々なオンラインカジノが立ち上がり、今までの「プレイテック系カジノ」「マイクロゲーミング系カジノ」などの老舗オンラインカジノを言われているカジノを追いやっていきました。

老舗オンラインカジノはスマホ対応の時代になっても、パソコンのみでしか遊ぶ事が出来ない状態であったり、対応が遅れてきた単一のゲーミングプロバイダーを使ったオンラインカジノはだんだんと露出が少なくなっていき存在感を消していく事になりました。

2017年 ハイローラーが満足!出金出金上限が無制限のパイザカジノの登場

パイザカジノ

PAIZA CASINO(パイザカジノ)公式サイト→こちら

初回入金ボーナス なし
クレジットカード入金 VISA、Master
入金・出金方法 ビットコイン、ecopayz、iwallet、
取得ライセンス KHANAWAKE(カナダ)、PAGCOR(フィリピン)

ンラインカジノの事がだんだんと認知をされはじめ、「カジノ法案」の影響などでバラエティー番組で芸能人がカジノに興じたりする番組などもあり、カジノゲームへの関心が非常に高くなったのです。

その事もあったり、皆がスマホを持つ時代になり、リアルカジノで遊んでいるようなお金持ちも日本国内にいる時にもカジノゲームをしたいというニーズも高まり、パイザカジノが人気をかっさらいました。

もちろん、スマホ、パソコン、タブレットのいづれのデバイスでも快適にオンラインカジノをプレイをする事が出来ます。

パイザカジノは、ライブカジノルームも13ルームを設置をしているので圧倒的に多くのライブカジノをプレイをする事が出来るオンラインカジノという事で本格的なカジノゲームを求める方に非常に人気が高いオンラインカジノとなりました。

特に300万円、500万円という軍資金を用意をしてカジノゲームをするような、ハイローラーにとって最も使いやすいオンラインカジノという事で、ハイローラーのプレイヤーが軒並みパイザカジノに移っていきました。

 

当サイトのパイザカジノの紹介・詳細・登録方法は下記を参照をして下さい。

同年2017年に元セクシー女優の上原亜衣さんをイメージキャラクターにしたクイーンカジノもリリース

クイーンカジノ

QUEEN CASINO(クイーンカジ)公式サイト→こちら

初回入金ボーナス 入金額の150%最高500ドル
クレジットカード入金 VISA、Master
入金・出金方法 ビットコイン、ecopayz、iwallet、VenusPoint
取得ライセンス PAGCOR(フィリピン)、Curacao(オランダ)

イザカジノと殆ど同時期に元セクシー女優の「上原亜衣」さんをイメージキャラクターに起用をしたオンラインカジノがリリースをされ、これも非常に話題性が高く人気が出ています。

もちろん、スマホ、パソコン、タブレットのいづれのデバイスでも快適にオンラインカジノをプレイをする事が出来ます。

クイーンカジノはセクシー女優を使っていると言っても、中身は普通のまっとうな真面目なオンラインカジノで、キャンペーンプロモーションが豊富で、しかもライブカジノルームが10ルームも設置をしている大規模ライブカジノもウリとなっています。

ハイローラーにも充分に対応をする事が出来るオンラインカジノで人気が拡大をし続けています。

 

当サイトのクイーンカジノの紹介・詳細・登録方法は下記をご参照ください。

オンラインカジノの歴史のまとめ

こまで、ご拝読頂いてありがとうございます。

オンラインカジノが1994年にアンティグアからオンラインカジノ運営ライセンスの発行の可決からはじまって、そして、時代を彩ってきたオンラインカジノをぞれぞれ紹介をしてきた事で、おおまかに、どのようにオンラインカジノが認知をされてきたのかという事をなんとなくご理解をして頂けたのではないかと思います。

ここで紹介をしたものばかりではなく、オンラインカジノは信頼性の高いものもいくつもリリースをされていますので、オンラインカジノに興味を持って頂いたあなたは、是非当サイトのオンラインカジノの一覧を記した下記の記事で、あなたの気になるオンラインカジノを見て頂いて遊んで頂けたら幸いです。

下記は、登録をするだけで入金不要のボーナスで無料でお試しをする事が出来るオンラインカジノのリストと、また、登録後のはじめての入金でたっぷりのボーナスが貰えるオンラインカジノの一覧です。

初回入金ボーナス・入金不要ボーナスの一覧